ハッピーになって幸せを掴むために必要なこと

暮らし

ハッピーとは何でしょう。幸せとは・・・?

インターネットの普及で他人の生活や暮らしぶりがよく見えるようになったことによって、幸せを感じることが少なくなっているように感じる人が増えています。

これは、人の幸せとはつまり他人との比較の上に成り立っている部分があるためです。

では、どうすれば人はハッピーになって幸せを感じることができるのか?をまとめました。

最初の一歩はやはりこれ!まずは、人と比べることをやめよう!

ハッピーになるために必要なこと、一つ目は、人と比べることをやめることです。なぜ、人と比べることが悪いことなのでしょうか。それは、人は他の人と比べても、相手の良いところしか見れないからです。たとえば、自分が場をなごませる能力があったとします。

しかし、その人は、モテる人や技術力がある人を羨ましく思うかもしれません。しかし、自分が持っている、場をなごませるという能力の力を自分で侮っているのです。

自分の良いところは、意外と自分では気づかないことがあります。そして、他の人の妬ましい能力を獲得しようと努力するのです。努力自体は大切なことですが、人よりも優れていることを証明するために努力するのは好ましいことではありません。

結果的にもっと、その技術を持っている人に叩かれるのです。ですから、比べるとしたら、過去の自分と比べるのが良いでしょう。そうすることで、無駄な争いをやめ、ハッピーになることができます。

自分は他人のために存在していると思う

ハッピーになるには、自分の損得で物事を考えてはいけません。自分の損得で動く人は、もっと悪い人に叩かれます。しかし、自分の損得で動かない人は、誰も叩こうとは思わないのです。「損になっても、自分の意思は変えない」という言葉があります。

こういう風に考えることができる人はちょっとやそっとのことで挫けません。なぜなら、自分の意思に強い肯定感があり、たとえ損になってもこの意思は変えないと決めているからです。

特に人助けは、基本的に損にしかなりません。しかし、損をしてでも人を助けたいという思いを変えないことは、自分にとって、とてもハッピーになるコツなのです。自分よりも他の人と思うやり方は、表向きでは損だと思われますが、実は、自分にとって、大きな幸せになることがあるのです。ですから、自分は他人のために存在していると思うことは、自分をハッピーにさせてくれることなのです。

Web記事をよく読むようにする

Web記事をよく読むというのは、幸せになるチャンスです。Web記事というのは、大手サイトでも個人サイトでも構いません。文章を読むというのは、知識を得ることであり、幸せになれるのです。それなら、本を読んだ方がいいのではと思われる方もいると思いますが、お金に余裕があれば、本を読むでも大丈夫です。

しかし、多くの人がお金を持っていないですから、Web記事を読むにしたのです。文章は人を強くしてくれます。読む文章がヘイトなのは気をつけたいですが、ほとんどの人が良質なWeb記事を大手サイト、個人サイトで公開しています。

そうした文章を読んで、自分に真似ができそうなことを突き詰めていくのです。そうすることで、幸せになれるコツを見つけることができるのです。人は自分で考えたことを大事にしがちですが、他人の文章を読んで自分流に変えて再認識するのも実は大事なのです。ハッピーになるコツは文章にあるのです。

結局のところ、ハッピーになるのは自分の心次第

まとめていくと、ハッピーになるには、自分の心次第ということです。いくら、その人がお金持ちで友達もたくさんいても、心がさびれていては、ハッピーにはなれません。心は自分と向き合うことです。他の人のために動くことも、そうしたいからそうしているだけなのです。誰かが言っていたからではありません。

人は人と助け合い生きる生き物です。協調することは人類の永遠のテーマです。自分のことだけを考える人の周りは、幸せな気持ちを喪失させてしまいます。他人のことを考えて動ける人の周りには、幸せでいっぱいになっています。

テレビなどでは、幸せになるためなら、何をしても良いと言う風に教えることもあります。しかし、幸せは人の中にあって、外にあるものではありません。

自分を成長させることこそ、意味があるのです。過去の自分よりもできる人間になっていれば、それでいいのです。ですから、幸せは自分の心の中にあり、他人を差し置いて得るものではないと納得してもらいたいです。

タイトルとURLをコピーしました