美容にも健康にも効果あり!エルダーフラワーはまさに万能ハーブ!

美容

「エルダーフラワー」ってご存知ですか?

初夏に小ぶりで可愛らしい花が咲くハーブですが、その香りはマスカットのように豊潤で、主にハーブティーに用いられることが多いですね。しかしその効果は実に多岐に渡り、今ナチュラル志向の女性たちの間で話題になっています。

そんなエルダーフラワーの効果を知れば、あなたも毎日の生活に取り入れてみたくなるはずですよ。

エルダーフラワーの基本情報

ヨーロッパが原産の針葉樹で、スイカズラ科の「セイヨウニワトコ」という植物の花の部分です。現在もヨーロッパ全土、イギリスに土着していますが、特にイギリスでは、エルダーフラワーが咲くと夏が来たことを感じると言われているほどポピュラーなハーブで、「エルダーフラワーコーディアル」というハーブドリンクも売られています。

古くから魔除けの力があると言われているハーブで、原産国ヨーロッパでは様々な迷信や伝説が言い伝えられています。「ニワトコ」という名前にピンと来た方もいるでしょうが、「ハリーポッター」にも魔除けの植物として登場していましたね。現在は「インフルエンザの特効薬」としても知られているなど効能の幅が広いことから「万能の薬箱」という別名もつけられました。

3~10mほどの高さまで成長して、初夏に白い花を咲かせ、晩夏には黒紫の実を付けます。良い香りの花はハーブティーに用いられることが多く、ビタミンCなどの栄養素が豊富な実はワインやジュースの原料となることもあります。

エルダーフラワーに含まれている栄養素

エルダーフラワーにはポリフェノールやフラボノイドの1種である「ケルセチン」や「クロロゲン酸」が含まれています。またビタミンA、ビタミンB1、B2、B3群、ビタミンCも含まれていて、これらの栄養素の相乗効果で抗炎症作用や抗酸化作用の効果を存分に発揮することができます。

エルダーフラワーの効果①:アレルギーを緩和する

エルダーフラワーには植物由来のポリフェノールである「フラボノイド」が豊富に含まれていますが、この成分には毛細血管を丈夫にする働きがあり、花粉症やアレルギーの症状であるくしゃみや鼻水、鼻つまりを緩和する効果が期待できます。エルダーフラワーに含まれているフラボノイド「ケルセチン」は緑茶やリンゴの皮にも含まれている成分で、抗酸化作用やアレルギー緩和作用がありますが、熱に強いという特徴もあるのでハーブティーからも十分に摂取できますね。

抗炎症作用もあるので、花粉症などのアレルギーやウィルスによる風邪予防に効果があります。粘液を浄化して呼吸器の気道をキレイにしてくれるので、花粉症の季節やのどの違和感や鼻水などの症状が出る風邪のひき始めに飲むと効果的ですよ。

欧米では毎年空気が乾燥し始めると同時に流行り出す「インフルエンザ」の症状を緩和するための特効薬としても使われています。

エルダーフラワーの効果②:発汗作用・利尿作用

エルダーフラワーには発汗や利尿作用があり、体内に溜まってしまった老廃物の排出を促し、身体の中をキレイにしてくれます。それによって血液がサラサラになり、血行が良くなり、新陳代謝もアップして身体の働きが正常化すると言えるでしょう。

エルダーフラワーの効果③:美容効果

エルダーフラワーには肌を引き締める効果があり、肌にハリを与えたり、ニキビや吹き出物の予防・改善にも役立ちます。またシミやソバカスを取り除く効果も報告されているので、エルダーフラワーを使った化粧水などのスキンケア商品を使用する人が増えていますね。自宅で栽培してエルダーフラワーの美容ウォーターを手作りするのもオススメですよ。

エルダーフラワーの効果④:リラックス効果

ハーブと言えばリラックス効果ですが、もちろんエルダーフラワーもそのマスカットのような甘くて爽やかな香りで癒しを与えてくれます。特に気分が落ちていたり、不安定になっている精神や憂鬱な気持ちを取り除いて、心の中で張りつめていた緊張感を溶きほぐしてくれるので、寝る前のリラックスタイムに飲むことでぐっすりと眠れるでしょう。

エルダーフラワーコーディアルの作り方

要はエルダーフラワーのシロップですが、イギリスではスーパーでも手に入るポピュラーな商品です。水や炭酸で割ったり、ヨーグルトやアイスクリームにかけたりするのもオススメですよ

①:小さめの鍋に水200mlを入れて火にかけ、沸騰したらいったん火を止めて乾燥させたエルダーフラワー(15g)を入れて少々煮てから火を止めて、フタをして5分間蒸らします。

②:細かい茶こしやふきんなどを使って①を別の鍋にこしながら入れます。

③:そこにグラニュー糖100gを入れて溶かし、とろ火で5分程煮詰めます。

④:レモン汁(1個分)を入れて火をサッと通してから止めます。そのまま自然放置で冷まして、保存容器に移せば完成です。

エルダーフラワーウォーターの作り方

熱湯で煮出すハーブティーとは違い、水蒸気の力でハーブの葉を蒸して、精油成分を抽出するのがハーブウォーターです。水蒸気を利用すると言っても、ご家庭にスチーマーがある場合は少ないですが、ザルを使って簡単に作ることができますよ。

①:深めの鍋にドライエルダーフラワーの茶葉と精製水を入れて、そこが平らになっているザルを逆さにして鍋の中央にセットします。

②:ザルの上に受け皿となるボウルを置いて、鍋のフタを逆さまにしてボウルの中央に取手がくるように固定しましょう。

③:弱火から中火で沸騰するまでグツグツと煮出しますが、その時鍋のフタの上に保冷材や氷を置いておきます。精製水が蒸発してしまったら足し、保冷剤や氷が溶けてしまったら新しく交換してください。

④:火を止めてから火傷しないように気を付けて受け皿を取り出します。溜まっている液体がエルダーフラワーウォーターになるので、容器に移して冷蔵庫で保管しましょう。1~2週間は保管できますが、できるだけ早めに使い切ってください。

エルダーフラワーのハーブティーを美味しく淹れるには

エルダーフラワーの茶葉ティースプーン2杯をティーカップに入れて、90度以上のお湯を150~160mlほど注ぎます。フタをして5~7分蒸らしてから飲みましょう。

癖が少ないのでそのままでも十分に美味しく飲めますが、飲みにくいと感じた場合はハチミツを混ぜると味がまろやかになりますよ。

エルダーフラワーと相性の良いハーブで作るハーブティー

アレルギーの緩和や抗酸化作用を持つエルダーフラワーと同じような効果を持っているハーブとブレンドすることで、さらにパワーアップして相乗効果が得られると言えます。またフラボノイドは1種類で摂るよりも何種類か組み合わせて取った方がより効果を発揮できるので、即効性が期待できるでしょう。

アイスで飲むよりもホットの方がより効果的なので、暑い季節でも温かいハーブティーを飲むようにしてくださいね。

インフルエンザ対策に効果的なブレンド

エルダーフラワー  ティースプーン1/3杯
ペパーミント    ティースプーン1/3杯
リンデン      ティースプーン1/3杯

アレルギー症状の緩和に効果的なブレンド

エルダーフラワー  ティースプーン2杯
ネトル       ティースプーン2杯
ペパーミント    ティースプーン1杯
カモミール     ティースプーン1杯

今年の冬はエルダーフラワー効果で風邪知らず!

ヨーロッパでは手作りのエルダーフラワーシロップが常備してある家庭も多く、アレルギーや風の予防として習慣的に飲んでいる人が多いようです。

身体にも優しく心にも優しいエルダーフラワーなので、日頃の疲れが蓄積されている方には是非オススメですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました